財布の通販 luxe(リュクス)本店  

極小財布特集

春におすすめの極小財布

職人によるハンドメイド

ベッカー社極小財布はすべて熟練職人によって1つ1つ手作りされています。
素材の調達から始まり、性質や状態を見極めた手作業での革の切り出し、加工、縫製など 数々の工程を経て完成する革製品づくり。
1つの極小財布に必要なパーツは20個以上。
見えない部分にも職人の技とこだわりが詰まっています。

現在当店では、日本国内においてBECKER社のライセンスを取得。
ベッカーの最高の技術と東京・墨田区の熟練革職人たちの緻密で丁寧で繊細な技術を合わせ、
ドイツベッカー社同様に、極小財布の革の切り出し~縫製・仕上げまで、全て手作業で行われています。

極小財布をカラーで探す

秋冬にオススメ!BECKER極小財布(2019-2020)

秋冬にオススメ!BECKER極小財布

秋冬といえば定番のレオパード!!
いつもの小物にインすれば、一気に秋冬気分に・・・
こちらのレオパードは、柔らかい仔牛の柔らかい毛にレオパード柄をプリントしたレザーを使用。
生後3ヶ月ほどの仔牛の革は取れる部分が非常に少ないので希少価値の高い最高級素材。
定番人気のアニマル柄は『柄』と『素材』で差を!

カーキのジャケットや小物にあわせてパープルを!
落ち着いたエナメルのパープルは、ブラックやブラウンにも合わせやすくて◎
また、当店のエナメル調素材はお手入れがしやすいので、プレゼントにも喜ばれています!

鮮やかなレッドにキャメルのバイカラー。
秋冬持ちたくなるブラックなどの暗めの小物の差し色に。
スムースさわり心地のいいレッドのレザーと水ヘビ柄を型押ししたキャメルが上品な雰囲気に。

こちらのデザインは使いやすさを追求し、通常のデザインより小銭入れの部分をワイドに、カードポケットは浅めでカードの出し入れをしやすくデザインされています。

ブラックとホワイトがシックなゼブラ柄。
バッグを持たず、手ぶらでお出掛けしたいときにチェーンをつけて斜めがけ・・・
いつものコーディネートのアクセントにオススメです。

柔らかい仔牛の柔らかい毛にレオパード柄をプリントしたレザーを使用。
生後3ヶ月ほどの仔牛の革は取れる部分が非常に少ないので希少価値の高い最高級素材。
定番人気のアニマル柄は『柄』と『素材』で差を!

小花柄の黒いワンピに合わせたのは、ゴートスキンレザーの「モーブピンク」。
明るめカラーの極小財布を1点投入するだけで、コーディネートも明るくなります!
こちらのモーブピンクなら、スモークがかった落ち着いたピンクなので、ピンクはちょっと苦手…という方にもオススメです◎

とても柔らかいゴートスキンを使用した極小財布。
独特のシボと手触り、軽さと薄さが魅力です。

グレーのニットに合わせたのはエナメルの「グレージュ」。
一年中使いやすいグレージュですが、今年の秋冬人気のベージュ・ブラウン系のカラーを小物で抑えるのも良いかも・・・?

左:カラシ色のスムース極小財布にブラックのダブルリボンモチーフをON!
ブラックやブラウンの小物の差し色におすすめのカラーです!

右:定番のレオパード。
こちらはピッグスエードにレオパード柄をプリントしてフィルム加工を施したレザーを使用。
内側はキャメルカラーのバイカラーで、どんなスタイルにも合わせやすい。
チェーンをつけてコートのポケットにINしても可愛いです♪

職人によるハンドメイド

ベッカー社極小財布はすべて熟練職人によって1つ1つ手作りされています。
素材の調達から始まり、性質や状態を見極めた手作業での革の切り出し、加工、縫製など 数々の工程を経て完成する革製品づくり。
1つの極小財布に必要なパーツは20個以上。
見えない部分にも職人の技とこだわりが詰まっています。

現在当店では、日本国内においてBECKER社のライセンスを取得。
ベッカーの最高の技術と東京・墨田区の熟練革職人たちの緻密で丁寧で繊細な技術を合わせ、
ドイツベッカー社同様に、極小財布の革の切り出し~縫製・仕上げまで、全て手作業で行われています。

BECKER(ベッカー) - 三代にわたって引き継がれる伝統と技術、革小物に対する想い

BECKER

極小財布をはじめとする革小物はすべて職人の手によってひとつひとつ丁寧につくられています。

ベッカーのはじまりと発展

極小財布をはじめとした革製品をつくっているBECKER(ベッカー)はドイツにある老舗革小物工房。
代々続く由緒正しき革なめし業者の家庭に生まれたEduard Becker(エドワード・ベッカー)が
1948年に皮革製品の発祥地であるオッフェンバッハで、 妻Hedwig(ヘドウィグ)と職人の3人で小さな革小物工房をスタートさせました。

当時は戦後の混乱期。
わずか20平方メートルの工房で持てる限りの知識と情熱を革小物づくりに注いだ彼らのモットーは、 上質な素材だけをタンナーから仕入れ、最高の手作り製品をコンスタントに作り出すこと。
革小物の中でも特に小さな製品、財布やキーケース、小銭入れ等に特化することにより、 エドワード・ベッカーの立ち上げたベッカー社は成長を遂げていきます。

瞬く間に従業員は50人にも増え、工場の総面積は500平方メートルもの大きさになりました。
事業が拡大してもなお変わらないのは製品づくりに対するこだわり。
伝統と技術、革小物に対する想いは祖父から父へまたその息子へ三代にわたって受け継がれ、
何十年経った今でも製品づくりの全ての工程を自主工場で行う生産スタイルは変わりません。
だからこそ、ベッカー社の製品は特別なものとして確立されているのです。

1948年 革工房を設立
1954年 工場を拡大
1968年 第二工場建設
1989年 第三工場建設
2015年 工場を中国へ移転

ドイツ国内において良い革の仕入れが困難に。
より高品質な革小物を生産する為、上質な素材を求め中国へ。

弊社で取り扱う中国製品は、主に高品質といわれる韓国レザーを使用し、
ドイツ職人の監督下において一つ一つ丁寧に作られています。

ベッカーの革小物

ベッカー社は革製品づくりにおいて、 「使いやすさ」や「長く愛用するには何が重要なのか」などを常に追求しています。

環境を配慮した材料を使用し、頑丈な糸やその他材料を厳選して縫製しています。

彼らのつくる製品はただ眺めるためのものではなく、 まるで靴の用に、日常で使うためのものとして作られているのです。

ベッカー社製品は、きっとあなたに「長く愛用したい」そう思わせてくれるはずです。

レザーへのこだわり

往々にして、革というものは革特有の匂いがするものだと信じている方が多いようですが、 多くの場合、合成皮革の方が匂いが強く、本物の革は実は匂わないと言われています。
それは、革は自然の産物であり、人間が心地よく使用できる素材ということ。

BECKER

彼らはベッカー社製品に見合う高品質なレザーを見つけ出す為に、様々なテストや実験を重ねています。
ベッカー社の生産方法は、他のどこにいっても同じものを見ることは出来ません。
彼らの革製品は本当にひとつひとつ手作業でつくられています。

惜しみなく時間を費やす革選定からはじまり、
性質や状態を見極めた手作業での革の切り出し、縫製など数々の工程があり、
革製品の多くは85個以上のパーツを必要とします。
(手の平サイズの極小財布1つをつくるには20個以上のパーツが必要です)

革の切り出しでは、大きな一枚革からそれぞれのパーツを切り出していきます。
この工程では性質や状態を見極め、手作業で切り出しを行うため、
鍛え抜かれたマイスターの目が欠かせません。

そして職人がそれぞれのパーツの革をすき、接着剤で固定、
さらにカード入れなどの箇所を補強してから、最後にステッチを入れて縫い上げていきます。

合わせて523以上もの工程を踏んで、ようやくひとつの革製品が出来上がっていくのです。

また、さらに製品を完璧に仕上げる為に、
1つの財布につきなんと44回もの糸きり作業を、全て手作業で行っています。

この工程はどんな機械よりも精密に行われています。

BECKER

現在は、ドイツ国内では高品質な革の仕入れが困難になり、より品質の良い革を求め工場を移転。
ドイツ職人の目で革を選定し、その監督下のもと革の加工が行われています。

日本においてのベッカー製品販売

当社(株式会社ティーアンドカンパニー)では1993年9月にベッカー社と財布をはじめとした「BECKER製品」について 日本における独占輸入販売契約を結んでおります。

BECKER

また、日本国内においてBECKERのライセンスを取得、
シンプルかつ合理的なデザインと技術を継承し、東京下町の熟練職人の緻密で細やかな技術を合わせ
更により良い製品を一つ一つ丁寧に作り上げています。

いろいろなシーンで活躍する「極小財布」

小さくて上質な極小財布だからこそいろいろなシーンで活躍

旅行

■ 旅行に

海外旅行で心配なのが治安。
大きなお財布を使うよりも小型財布を使う方が安心です。
極小財布にチェーンをつけてカスタムすれば
首からかけて服の中にお財布を隠せます。
パールやゴールドなど可愛い素材が多いので
チラッと見えても気になりません。

さらに旅先ではTPOにあった服装を心がけたいもの。
上質な素材にこだわる極小財布はフォーマルにも対応できます。
チェーンを外せば小振りのクラッチバッグにスッと収まります!

極小財布籐素材モデル(キャメル)/ゴールドチェーン(フレンチロープ)/内側ハトメ

■ 結婚式のお呼ばれに

ドレスや靴を選び、ヘアメイクにこだわり、ネイルは華やかに。
上品に仕上げたい時は小振りのクラッチバッグを。
もちろんサブバッグを一緒に持っていくのですが、
貴重品はなるべくクラッチバッグに入れておきたい。
そうなるとお金をどう持ち歩くか...
ハンカチに包んだり、コインケースを使ったりもいいですが、
極小財布を活用すると上品でスマートです。

極小財布メタリック(ピンク)/5連スワロフスキークリップ

パーティー

■ 二次会やパーティーにも

少しカジュアルダウンした
結婚式二次会、パーティー、謝恩会などにも!

極小財布エナメル(ロイヤルブルー)/フラワーモチーフ(ホワイト)

お出かけ

フォーマル

■ 冠婚葬祭にマルチに対応

1つ持っていると便利なブラックフォーマル。
普段使いもできるベーシックカラーが充実しています。

極小財布カウハイド(ブラック)

■ ちょっとしたお出かけにも

ドライブしながらSAなどちょっとどこかに立ち寄った時にも便利。
ライブや子供とのお出かけなど、なるべく荷物を減らしたいときに。

極小財布カウハイド(オレンジ)

極小財布型押しカーキ/編み込みレザーチェーン(ピンク)/内側ハトメ

カジュアル

お出かけ

浴衣

■ 四季を楽しみたい

小さい極小財布だからこそできる四季の楽しみ方があります。

「春」 お花見に行ったり、カメラを片手にお散歩したり
…ポケットに入れて心も軽く
「夏」 浴衣に身を包んで花火やお祭りに
…小さい巾着バッグにもピッタリ
「秋」 スポーツや旅行に
…いつでも身軽に
「冬」 パーティーシーズン
…なんだか自慢したい

極小財布エナメル(レッド)

紳士用極小財布特集

ミニ財布ブームの火付け役!BECKER(ベッカー)極小財布

極小財布

「極小財布」とは、名刺サイズでありながら紙幣が折らずに入れられ、カードも小銭も収納できるミニ財布。

20世紀初頭にドイツで誕生した女性用の小振りなバッグ専用財布が原型である。
その後ヨーロッパでは一般的な女性用小型財布として定番に。
それを当社スタッフが1990年にドイツの皮革製品の発祥の地オッフェンバッハの皮革製品見本市で発見。
女性用ではなく、男性の休日用の財布「カードサイズの二つ目の財布」として日本に初めて紹介。

扱いやすく飽きのこないシンプルなデザイン、小型化を図りながらも財布としての機能性はそのままに。
ドイツの合理主義が生んだ極小サイズの財布は、長年にわたって男性に支持されるように。

さらにその小ささと便利さは、シーンによってバッグを使い分ける女性の目にも留まり、
2008年にファッション雑誌にて紹介されたことをきっかけに
「BECKER(ベッカー)極小財布」は一躍、ミニ財布ブームの火付け役に。

男性女性問わず多くの支持を得て現在ロングセラー商品の一つとなっている。

極小財布だからできること

メインのお財布とは別に通勤や通学用に。
この小ささだからこそかさばらず、スマートに収納できる。
薄着でもシャツの胸ポケットに収まり、シンプルなデザインなのでスッと出し入れが可能。
コンパクトさがスーツポケットの型崩れを防ぐことにもつながる。

極小財布

財布と携帯電話、鍵。
必要最小限のものだけを持ち歩く男性も多いはず。
極小財布ならジーンズの前ポケットに入れることも。
手の平サイズなのに財布としての機能も充実。ちょっとそこまで出かける時など、とても便利である。

ゴルフなどのスポーツ時やライブやフェス、イベントなどで身軽でいたい時。
お金が必要だけど財布やバッグはコンパクトにしたいなど、アクセサリー感覚で持てる財布はいろいろな場面に対応。

友人知人の結婚式などでも、スーツの内ポケットに忍ばせることができる極小財布が活躍。
礼服にあわせるバッグを持ってない場合、ポケットにすべて入れて出席する方が多いのでは。。。
カジュアルにもフォーマルにも対応できる点もベッカー極小財布の利点である。

小さくて機能的な三つ折り財布はもはや財布の1カテゴリーに。

ベッカー社極小財布の特長は
小さいだけでは満足できない、様々なこだわりを持った大人のためのミニ財布だということ。

人気の秘密はポケットにスッと収まるコンパクトさや機能性だけでなく、丁寧なつくりと素材の良さにもある。

手の平サイズと小さいながらも機能性に富んだ極小財布は、便利なだけでなく革の質も良いと革小物に拘る男性にも支持されている。
その手にスッと馴染むやわらかなレザーの手触りが
心地よい手触りや質感が、長く愛用したいと思わせてくれるのである。

極小財布

小銭入れのタイプが選べる極小財布

極小財布は基本的に「ベーシック型小銭入れ」「ボックス型小銭入れ」の2タイプに分かれる。

【ベーシック型とボックス型の違い】

・ベーシック型小銭入れの方がカードポケットが1つ多い
(小銭入れの背面にあるのでSuicaやPASMOを入れると便利である)
・ボックス型小銭入れの方が小銭が見やすい
(小型なので片手でガバッと開くことができる)
といった特長があるが小銭の収納数に関してはさほど差がないので、好みのタイプを選んで欲しい。

極小財布
ベーシック型
極小財布
ボックス型

職人によるハンドメイド

極小財布をはじめとしたベッカー社製品は、長年革と向き合ってきた熟練職人の手によって一つ一つ生み出されている。

惜しみなく時間を費やす革選定。性質や状態を見極めた手作業での革の切り出し、縫製など
数々の工程があり、製品の多くは85個以上のパーツを要する。

1948年に由緒正しき革なめし業者からスタートしたドイツ革小物工房BECKER(ベッカー)。
伝統と技術は祖父から父へまたその息子へ三代にわたって受け継がれ、
創業から60年以上経った今でも製品づくりの全ての工程を自主工場で行う生産スタイルは変わらない。

ドイツマイスターたちの伝統と確かな技術が凝縮された革財布

見えない部分にも感じられる職人の技とこだわり。
ベッカー社のフランク・ベッカー氏はドイツでマイスターの称号を与えられている革職人である。
ドイツにおいてマイスターの称号は誰でも手にする事が出来るわけではなく、幾つもの手順をしっかりと踏まなければならない。
また、経営者としての資質も必要とされるため、手に技術を持っているだけでは通用しないのである。
非凡な革職人はもとより、多岐にわたる経験や知識を兼ね備えることを必要とされる。

ベッカー社製品の財布ごとに明確な目的を持たせ設計されたポケット類は抜群の機能を誇り、
ドイツならではの合理性が伺える。そうして誕生した財布は優れた機能性とデザインが認められ、
1996年にジャーマン・レザー・グッズ賞を受賞するなど世界中の人々から高い評価を得ている。

>>> [特集]ベッカーの歴史

男性にオススメの極小財布

トスカーナレザー(牛革)

使い込むほどに深みと艶やかさを増すイタリア製革"Pelle Conciata al Vegetale in Toscana"(トスカーナ植物鞣し革)を使用。
イタリア植物鞣し本革組合とその所属タンナーが、科学物質を一切使用せず、
植物性タンニンのみにより鞣された革である事を保証する品質保証書(ギャランティーカード)付き。

トスカーナレザー(ネロ)
トスカーナレザー
(ネロ)
トスカーナレザー(タバコ)
トスカーナレザー
(タバコ)
トスカーナレザー(ロッソ)
トスカーナレザー
(ロッソ)
トスカーナレザー(キャメル)
トスカーナレザー
(キャメル)
トスカーナレザー(グリーン)
トスカーナレザー
(グリーン)

栃木レザー(牛革)

シンプルなデザインの栃木レザーの極小財布。
抜群の感触のフルベジタブルタンニングレザー。
南米産のミモザの樹脂から抽出されたタンニン剤で、じっくりと時間をかけてなめしあげた純正ぬめ革です。
ワイルドで完成度の高いレザーを、しっとりとした抜群の手触りと共にお楽しみください。
お札、カード、小銭が入るコンパクトな極小財布。
小銭入れはベーシック型。財布を小型化したい方にオススメ。メンズ、レディース共にお使い頂けます。

極小財布
栃木レザー ブラック
極小財布
栃木レザー キャメル
極小財布
栃木レザー ネイビー

バッファロー(水牛革)

独特の風合い、不規則なシボが重厚な印象を与えてくれるバッファローレザー。
表側にはダークカラー、内側にはキャメルレザーと素材の色を変えることで表情豊かに。
使い込むほどに艶を増す深みのある経年変化が楽しめる。

バッファロー
バッファローレザー
ブラック
バッファロー
バッファローレザー
ブラウン
バッファロー
バッファローレザー
ネイビー
バッファロー
バッファローレザー
ブルー
バッファロー
バッファローレザー
レッド
バッファロー
バッファローレザー
オフホワイト

オイルレザー(牛革)メッシュ

重厚感のあるオイルレザーを使用したメッシュモデル。
革そのものの風合い、味わいが魅力で、爪などで引っかき傷をつけても磨くことで傷がかなり目立たなくなります。

極小財布 メッシュ オイルレザー グレー 日本製<
オイルレザー メッシュ
グレー
極小財布 メッシュ オイルレザー ブラック 日本製
オイルレザー メッシュ
ブラック
極小財布 メッシュ オイルレザー レッド 日本製
オイルレザー メッシュ
レッド
極小財布 メッシュ オイルレザー キャメル 日本製
オイルレザー メッシュ
キャメル
極小財布 メッシュ オイルレザー ブラウン 日本製
オイルレザー メッシュ
ブラウン

>>>メンズ極小財布一覧

>>>男性にオススメの革財布・革小物 - メンズギフト特集

極小財布をさらに愛着あるものに


箔転写名入れ

BECKER極小財布はオリジナルカスタマイズが可能。

内側に名前やイニシャルを!

さりげなく輝く名前が特別感を与えてくれます。

 >>> 極小財布用箔転写名入れ


内側or外側ハトメ加工

極小財布をさらに便利に、個性的にしたいなら
ハトメ加工がおすすめ!

通常、極小財布にはチェーンなどをつける穴が開いていません。
ハトメ加工を一緒に購入することで極小財布にチェーンやキーホルダーなどをつけることができます。

 >>> 内側or外側ハトメ加工

シンプルな極小財布をベースに、自分だけの「カスタムウォレット」を楽しみたい。

編み込みレザー「ショート」チェーン チェーンストラップBLACK STR2 チェーンストラップ用ナスカン(2コセット) シンプルキーチェーン

>>> メンズ向け極小財布カスタムアイテム一覧をみる

プレゼントにもオススメ!


無料ラッピング&メッセージカード
長年にわたり男性に支持されているベッカー社極小財布。
その小ささと便利さはシーンによってバッグを使い分ける女性の目にも留まり、
上質かつ可愛いミニ財布としてファッション雑誌に多数掲載、現在は有名人も愛用。
長財布を愛用する女性からのセカンド財布としての需要も高く、贈り物として最適。
華やかなメタリックカラーや落ち着いた色合いのベーシックカラーなど
豊かなバリエーションの中からきっと彼女に似合う一つを見つけられるはず。

極小財布の大きさ比較

※掲載商品は現在販売終了しております※

極小財布(約9.5cm×7cm)

iPhone5 vs 極小財布カウハイドブラック

XPERIA arc SO-01C vs 極小財布カウハイドピンク

XPERIA ray SO-03C vs 極小財布カウハイドワイン

GALAXY S Ⅲ α SC-03E vs 極小財布カウハイドオレンジ

タンブラー vs 極小財布メタリックピンク

カード入れ vs 極小財布メタリックゴールド

ウィダー in ゼリー vs 極小財布メタリックシルバー

iPod nano 3rd generation vs 極小財布エナメルレッド

バーニーズ・マウンテン・ドッグ vs 極小財布エナメルレッド

ハイマッキー vs 極小財布ゴートスキンブラック

リップクリーム vs 極小財布カウハイドレッド

多色ボールペン&タイムカード vs 極小財布メタリックピューター

名刺入れ vs 極小財布エナメルコーラルピンク

メガネ vs 極小財布エナメルダークブルー

ティー&ゴルフボール vs 極小財布カウハイドオレンジ

オーラツー ブレスファイン マウススプレー&ミンティア vs 極小財布メタリックライトブルー

CDアルバム vs 極小財布メタリックダークブルー

ニンテンドー 3DS LL vs 極小財布カウハイドピンク

単三乾電池4本 vs 極小財布カウハイドオレンジ

キャベツ vs 極小財布カウハイドライトグリーン

スニッカーズ vs 極小財布メタリックブロンズ

グリコ ビスコクリームサンドビスケット vs 極小財布ゴートスキンクリーム

ニコン D700 カメラキャップ vs 極小財布ボックスカーフブラック

極小財布(約9.5cm×7cm)

男性向け極小財布

極小財布


極小財布だからできること

極小財布

極小財布とは、名刺サイズでありながら紙幣が折らずに入れられ、カードも小銭も収納できるミニ財布。

メインのお財布とは別に通勤や通学用に。この小ささだからこそかさばらず、スマートに収納。
薄着でもシャツの胸ポケットに収まり、シンプルなデザインなのでスッと出し入れが可能です。

財布と携帯電話、キーケース。必要最小限のものだけを持ち歩く男性も多いはず。
極小財布ならジーンズの前ポケットに入れることも。
手の平サイズなのに財布としての機能も充実。ちょっとそこまで出かける時などにとても便利。

ゴルフなどのスポーツ時やライブやフェス、イベントなどで身軽でいたい時、
お金が必要だけど財布やバッグはコンパクトにしたい時など、アクセサリー感覚で持てる財布はいろいろな場面に対応。

友人知人の結婚式でもスーツの内ポケットに忍ばせることができるこのサイズが活躍。

さらに人気の秘密はポケットにスッと収まるコンパクトさや機能性だけでなく、丁寧なつくりと素材の良さにも。

手の平サイズと小さいながらも機能性に富んだ極小財布は、便利なだけでなく革の質も良いと革小物に拘る男性にも支持されている。
スッと馴染みやすいレザーの手触りが取り出す度に心地よく、長く愛用したいと思わせてくれます。


男性におすすめ BECKER極小財布

PICK UP

当店オススメのメンズ極小財布をピックアップ!




トスカーナレザー(牛革)

植物性タンニンでゆっくりと時間をかけて鞣され、樹木のエキスによる独特の革の香りが特徴。 小さな血筋、しわ、些細な傷など生きていた証を垣間見ることができることも自然素材の楽しみのひとつ。 また、手作業で染色している為、使うほどに色が浸透していき、深みのある経年変化が楽しめます。


バッファローレザー(水牛革)

独特の風合い、不規則なシボが重厚な印象を与えてくれるバッファローレザー。 表側にはダークカラー、内側にはキャメルレザーと素材の色を変えることで表情豊かに。 使い込むほどに艶を増す深みのある経年変化が楽しめます。


栃木レザー(牛革)

抜群の感触のフルベジタブルタンニングレザーを内側まで贅沢に使用した極小財布。 じっくりと時間をかけてなめしあげた純正ぬめ革は、使うほどに手に馴染み経年変化が楽しめます。



丸スタッズ (牛革・山羊革) 

ユニセックスなデザインで、存在感のあるスタッズがいつものスタイルのアクセントに!


星スタッズ (牛革)

ユニセックスなデザインで、存在感のあるスタッズがいつものスタイルのアクセントに! ランダムに施した大小の星スタッズが目を引くデザイン。



 職人によるハンドメイド】

極小財布をはじめとしたベッカー社製品は、長年革と向き合ってきた熟練職人の手によって一つ一つ生み出されている。

惜しみなく時間を費やす革選定。
性質や状態を見極めた手作業での革の切り出し、縫製など数々の工程があり、製品の多くは85個以上のパーツを要する。

1948年に由緒正しき革なめし業者からスタートしたドイツ革小物工房ベッカー社(BECKER)。
伝統と技術は祖父から父へまたその息子へ三代にわたって受け継がれ、
創業から60年以上経った今でも製品づくりの全ての工程を自主工場で行う生産スタイルは変わらない。

そして、財布ごとに明確な目的を持たせ設計されたポケット類は抜群の機能を誇り、
ドイツならではの合理性が伺える。そうして誕生した財布は優れた機能性とデザインが認められ、
1996年にジャーマン・レザー・グッズ賞を受賞するなど世界中の人々から高い評価を得ている。

【ドイツマイスターたちの伝統と確かな技術が凝縮された革財布】
見えない部分にも感じられる職人の技とこだわり。
ベッカー社のフランク・ベッカー氏はドイツでマイスターの称号を与えられている革職人である。
ドイツにおいてマイスターの称号は誰でも手にする事が出来るわけではなく、幾つもの手順をしっかりと踏まなければならない。
また、経営者としての資質も必要とされるため、手に技術を持っているだけでは通用しないのである。
非凡な革職人はもとより、多岐にわたる経験や知識を兼ね備えることを必要とされる。


小銭入れのタイプが選べる極小財布】

極小財布は基本的に「ベーシック型小銭入れ」「ボックス型小銭入れ」の2タイプに分かれます。

・ベーシック型小銭入れの方がカードポケットが1つ多い
(小銭入れの背面にあるのでSuicaやPASMOを入れると便利である)
・ボックス型小銭入れの方が小銭が見やすい
(小型なので片手でガバッと開くことができる)
といった特長があるが小銭の収納数に関してはさほど差がないので、お好みのタイプを!

極小財布
ベーシック型について
極小財布
ボックス型について

プレゼントにもオススメ!

長年にわたり男性に支持されているベッカー社極小財布。
その小ささと便利さはシーンによってバッグを使い分ける女性の目にも留まり、
上質かつ可愛いミニ財布としてファッション雑誌に多数掲載、現在は有名人にもご愛用頂いております。

女性に人気の極小財布

極小財布 スムース 牛革 マゼンタ BECKER(ベッカー) 日本製 ミニ財布/本革  極小財布 ゴートスキン/山羊革 メタリックゴールド ベーシック型小銭入れ BECKER   極小財布 進藤やす子コラボ「エナメル」キャメル BECKER(ベッカー)日本製   極小財布 「レオパード」 ビッグスキン コラボ別注 BECKER(ベッカー)日本製   極小財布 進藤やす子コラボ「エナメル」星型ブラック BECKER(ベッカー)日本製  


無料ラッピング&メッセージカード

大切な方へのプレゼントとしても需要が高い革財布・革小物。
ラッピング・メッセージカードをご用意しておりますので、ぜひご利用ください。


お取扱い店舗

お取扱い店舗一覧

藤崎本店

東急百貨店
たまプラーザ店

名古屋三越 栄店

東急百貨店 東横店

スタッフ日記

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業

お気軽にお問い合わせください
土日祝除く 10:00~17:00

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ